fc2ブログ
「しあわせだいふく」再放送のお知らせ
2021-11-22 Mon 01:17
だいふくに乗る女の子

来る12月1日に「みんなのうた」で、昔アニメーションを担当した『しあわせだいふく』が放映されます。

今、「みんなのうた」では、番組開始から60周年を記念して過去の歌を紹介しており、その一環です。惜しむらくは、映像が流れている所に、リクエストした人の思い出紹介のナレーションが入ること。映像だけ見たい人には本当に邪魔なんですが…。

おそらく「しあわせだいふく」もそういう憂き目にあっているのではないかと思われますが、もし、お付き合いいただける方がおられたら、チェックしてみてくださいませ!

「しあわせだいふく」
「みんなのうた『年代別にお届け2000~2010年代』」
2021年 12月 1日(水)Eテレ 12:55

NHKプラスでも、テレビでの放送以降1週間程度配信されます。見逃した方はそちらからも是非!


“Shiawase Daifuku (Happy Ricecake)” will be on air on Dec. 1st at 12:55 on E-television (channel 2). It is a rerun of a programme aired in Dec. of 2007 and Jan. in 2008. I participated in this music video as an animator and did all the work by myself. Happy to have a chance to show my work again.

If you miss the programme or just cannot have the access to Japanese TV, there is an app called NHK plus, with which you can watch the show for about a week after 12:55 of Dec. 1st. The important thing is that you need to be in Japan to use the app.

I would really appreciate it if you watched it.

和菓子職人

だいふくを作る手元


「しあわせだいふく」再放送のお知らせの続きを読む
スポンサーサイト



別窓 | アニメーション | コメント:0 | トラックバック:0 |
柳家小三治さんの訃報
2021-10-10 Sun 23:25
10月7日、柳家小三治さんが亡くなりました。数年前に頸椎の手術をして復活したばかり、という気がしていただけに、早すぎるだろう!と残念でなりません。(他にもリウマチや腎臓も悪かったらしいのだけど。)昨年、コロナで一時期仕事ができず、ようやくまた高座に上がれるようになったというドキュメンタリーも最近見ました。だから、これから、という気持ちでいたのです。今は、子育てもコロナもあるので落語会には行けないけれど、もう少しコロナへの対応が落ち着いてきたらまた聴きに行きたいな、とも思っていました。もっと活躍して頂きたかった。

小三治さんの落語を初めて聴いたのは、高校生の頃だったかしら。テレビで『かんしゃく』という演目をやっていました。明治ごろが舞台の噺で、家の中のことに口うるさい主人の言動が面白おかしく、録画したビデオテープを何度も観たものです。それから『死神』もテレビで見た記憶があります。滑稽な物語の最後に、死神の底知れぬ恐ろしさが出ていてゾッとしたものです。

その時はまだ、それ以上に落語熱が熱くもならず、そのまま過ぎていったのだけど、2009年以降、桂よね吉さんの落語を聴いた事がきっかけで落語を生で聴いてみたい!という想いが強くなり、小三治さんの落語も何度か聴きに行きました。横浜にぎわい座で聴いた時は、『初天神』の子供のあどけない仕草や凧上げの生き生きとした仕草にリアリティを感じ、いいなあと思ったものです。

小三治さんの落語を聴くにつれ思うことは、この人の噺はその時代の空気が立ち上がってくるような気にさせられる、ということ。人物にリアリティがあり、どこかにいそうだよね、こんな人、と思わせてくれ、自然と笑いが込み上げてくる、そこはかとない笑い。決して笑わせよう笑わせようとする笑いではない。そして、その人が生きている空間や空気が伝わってくる感じがします。『野ざらし』で釣りにやって来る男の鼻歌の自然さ、『出来心』で何でもかんでも泥棒に盗まれたと主張する男が、馬鹿の一つ覚えで盗品は花色木綿だと言ってしまう滑稽さ。

ただ、まくらが面白いということを理由に、まくらばかり長々と演って、残りの10分くらいをお得意の『小言念仏』で済ませられてしまった時もあり、がっかりした事も。

2018年に高畑勲監督が亡くなった時、お別れの会に小三治さんも出席されていました。高畑作品、『ホーホケキョとなりの山田くん』でナレーションを務められていたし、ジブリでは毎年小三治さんを招いての落語会が開かれていたというから、長いお付き合いがあったのでしょう。丁度その日の夕方、私は小三治さんの落語会に行きました。小三治さん曰く、「自分はお葬式(か、お別れ会だったかも)に行くのは好きではない。そんなことをしても、残された者の自己満足にしかならないし、死んだ当人は分からないよ。」と。葬儀は密葬とのことで、小三治さんらしい去り際だと思います。合掌。

(「小三治師匠」と呼ぶべきなのかも知れませんが、親しみをこめてあえて「小三治さん」と書くことにしました。)
別窓 | 落語 | コメント:0 | トラックバック:0 |
明けましておめでとうございます!
2021-01-05 Tue 21:17
明けましておめでとうございます!

赤子の世話で年末も正月もなく、忙しく過ごしています。
夫の仕事が大詰めを迎えていたので、少しでも作業に集中してもらうため、
31日から3日までの4日間、毎日歩いて10分の実家に通っていました。
じじばばが喜んで世話をしてくれて大いに助かりました。
しかし、お節も食べず、テレビの正月番組も見ない、珍しい正月だったなあ。
(観たのは『怪獣大戦争』だけ)

本年もよろしくお願いします。


Happy New Year, everyone!

Since my little child gives me a hectic life,
my new year’s holidays (12/29-1/3) were completely gone.
Because my husband had a very tight schedule for his illustration job
and he could not spend time to take care of Chihiro,
I took her to my parents house, which is 10 minutes walk from my apartment,
for 4 days. My parents were so pleased to baby-sit her.
They were no Osechi (special meal for new year holidays,)
no new year TV shows holidays.
(The only movie that I watched on TV was “Invasion of Astro Monster.”マタドール2S
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2021健康家族カレンダーできました!
2020-12-09 Wed 18:16
DSCF5541_contrastSS.jpg

今年の前半に関わっていた仕事のカレンダーができました!
にんにく卵黄で有名な健康家族という
健康食品の会社が、お客さんに対して配布しているものです。

2013年と2014年版のカレンダーも二年続けて描かせて頂いて、
2015年版も描く予定だったのですが、2014年に病気になってしまったため、
お仕事に関われなくなってしまいました。それが、去年再度ご連絡をいただいて、
今年また一緒にお仕事をさせていただくことになったので、喜びもひとしおです。

以前のカレンダーと同じキャラクターたちが繰り広げる、
季節それぞれの様子を描きました。

届いた方たちに喜んでもらえたらいいなあ。
別窓 | アニメーション以外のお仕事(マンガ、イラストなど) | コメント:0 | トラックバック:0 |
子供が生まれました!
2020-12-05 Sat 11:27
11月10日に赤ちゃんが生まれました!名前は千尋、女の子です。

生まれた時に、羊水の中の便が肺の中に入ってしまい、呼吸困難を起こしていたので、即NICUに入れられてしまい、親子一緒に過ごすことが出来なくなってしまいました。呼吸の方が良くなってきたと思ったら、今度は黄疸がひどく、交換輸血を行なって治りました。入院中は、1日2時間の面会に毎日通いました。

NICU から退院出来たのが27日、その後、病院で親子が一緒に24時間過ごすための、ショートステイというプログラムに参加したので、家に連れて帰れたのが29日となりました。

出産の時の痛さは筆舌に尽くし難いものでした。一度は経験してみたいと思ってましたが、もう2度目はいいわ。2人、3人とお子さんのいる方々はすごいなぁと感服します。陣痛促進剤を使っての出産だったのですが、1日目は子宮の出口があまり開かなくて中止に、2日目は出産までこぎつけましたが、子宮の出口が開くまでの間、お尻から突き上げるような痛みに苦しみました。「痛いよう」「赤ちゃん、頑張れ!」「赤ちゃん、一緒に頑張ろうね」とずーっと叫んでいました。その後は、分娩に挑んで何度もいきんだのですが、ちっとも赤ちゃんが出てこず、何時間か頑張ってくたくたになったところで鉗子で頭を掴んで引っ張り出しました。入院した日も含めると、出産までに2日半かかりました。


I had a baby on Nov. 10th! She is a girl and her name is Chihiro.

She was taken to NICU right after her birth since She had difficulty of breathing. And after she recovered from it, she had severe jaundice and she had to take exchange transfusion. My husband and I visit NICU everyday to see her for 2 hours per day.

She was discharged on Nov. 27th, but we had a short stay program(Chihiro, husband and I stay together at the hospital for 3days) so we finally left the hospital on 29th!

The agony I had while giving birth to Chihiro was hard to describe. I respect those who have multiple children. The cervix was not open enough, so I was given labor induction, and the pain came up from the bottom of my butt hurt so much that I screamed “Hang in there, baby!” and “Let’s hang in there together!” Chihiro did not come out for several hours and I was worn out so she was delivered with forceps in the end. It took 2 and a half day to deliver.
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| からすのつぶやき ふたたび | NEXT