FC2ブログ
北海道でアニメーションCMが上映されます!
2019-03-17 Sun 17:26
4月7日に北海道で開催される「小アニメーション大感激祭PART21」で拙作のアニメーションCMが上映されます。「タコライスカフェ きじむなぁ」というお店の15秒のCMです。
北海道にお住まいの方、お時間のある方、もしよろしければご覧ください。

「小アニメーション大感激祭PART21」
日時:4月7日(日)
開場時間:11時
開演時間:11時30分(15時までには終了予定)
会場:道民活動センター「かでる2・7」10階1040会議室
札幌市中央区北2条西7丁目

詳しくはこちらのfacebookをご覧ください。
https://www.facebook.com/daikangeki.japan/
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
春風亭小朝独演会、行ってきました
2019-02-03 Sun 23:39
節分の2月3日、青葉公会堂で開かれた春風亭小朝独演会へ行って来ました。なかなか面白かったけど、正直、私にとっては柳家三三さんや桂吉弥さんの方が惹かれるなぁ。なんだろう。熱量とか勢い、みたいなものなのだろうか。そういえば、小朝さんの声はとても小さかった。

『マスク』警察の取り調べ室での刑事と、人を階段から(?)突き飛ばしたという今時の若者との会話。若者の方は人前に出るのが苦手で、絶えずマスクをしている、という設定だが、この噺は大正時代の作らしいので意外だった。また、まくらで説明しておかないと、最後のオチが成立しないところが少し気になった。(普通、まくらで説明しないとオチが分かりにくいというのはあるが、オチが全く成立しない、というのは初めてかも)

『ある理由』あるサラリーマンが、会社の上司の葬式に出なかったことを、バーテンダー相手に悔やむ、という筋書き。色々と地口が用意されていて楽しい。

二胡演奏(KIRIKO)『蘇州夜曲』や『夜来香(イェ ライ シャン)』など、ゆったりとした大陸的な曲や、モンゴルの騎馬民族をイメージした、早弾きの超絶技巧を駆使した曲など、二胡の色々な面を知ることができた。

『紺屋高尾』ほぼ同じ筋書きの『幾代餅』は聞いたことがあるが、『紺屋高尾』は初めて。最初に、恋煩いの主人公に病の訳を聞く所から始まるのではなく、主人公が仲間と吉原に行く所から始まるのは、独自の演出なのだろうか?それから、病の訳を聞いて、三年働いてお金を貯めて高尾太夫に会いに行けと助言するのは、親方ではなくおかみさん、というのもそうなのか。好きな花魁に「駄染め」と自分の紺屋の商売を馬鹿にされ、紺色を染めるのがいかに大変か、切々と訴える場面は、(やはり小朝さん自身の演出なのでは、と思うのだが、)主人公の悔しい気持ち、辛い気持ちがよく現れていて良い運びだった。

今回は新作よりも古典の方が、工夫の跡が分かりやすく、楽しめたかな。そんな所です。

51426777_2006843752686335_7348050828495683584_n.jpg
51272908_2006843769353000_7219891083147214848_n.jpg
51489549_2006843802686330_7288178189820493824_n.jpg

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「かわいい浮世絵 おかしな浮世絵」展、行ってきました
2019-01-25 Fri 23:30
1月25日、太田記念美術館の「かわいい浮世絵 おかしな浮世絵」を見る。
歌川広重の『月に兎』は他の浮世絵と違って、輪郭線がない。ススキの穂先がぴしっと決まっていて巧い。『道化とうもろこし石橋の所作事』はとうもろこしが頭の長い毛を、歌舞伎の石橋物さながらに振り回しているもので、飛び抜けてシュール。歌川国芳作。
他に狐、狸、兎の相撲取り、雀の遊郭、歌舞伎役者のカエル(実在の歌舞伎役者の似顔絵にもなっている)、象の曲芸(河鍋暁斎)、猫の蕎麦屋など様々な動物達の擬人化された姿がおかしかった。

On Jan. 25th, I went to see the exibition of "Kawaii ukiyo-e Okashina ukiyo-e"(Cutsy ukiyo-e Funny ukiyo-e).
Unlike the other ukiyo-e, Hiroshige Utagawa's "Moon and Rabbit" had no outlines and made it look modern. Japanese pampas grasses are well drawn with simple but strong line."Clown Corn Man's Dance of Shakkyou" is funny with the corn circle around his long hair. Shakkyou is a pattern of Kabuki dance, and the actor wears a long hair wig and turn his neck around. Painted by Kuniyoshi Utagawa.
There were so many pictures of animal perspnification such as fox and bagger tricks, rabbit sumo wrestlers, sparrows' red-light destrict, frogs with Kabuki actors face, elefants' acrobat(Kyosai Kawanabe), Cats' soba noodle shop and etc. etc. They were hilarious!

Dx4cRJUVAAAQRog.jpg
Dx4cRJTUcAoB-0R.jpg
Dx4cRJRUUAAo01M.jpg
Dx4cRJSUwAAX0pf.jpg
Dx4c1OBVAAAZPKN.jpg
Dx4c1OBUYAMe0Y9.jpg


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『Les Miserables』のオリジナルヴァージョンを残そう!
2019-01-13 Sun 18:25
ロンドンでのみ上演されてきたオリジナルヴァージョンの『レ・ミゼラブル』が今年で廃止され、25周年記念の新ヴァージョンに変わるそうです。レ・ミゼのオリジナルヴァージョンは非常に完成度が高く、回り舞台を使った演出が素晴らしかった。左右に分かれたパリの下町のセットが、組み合わさってバリケードになる、という演出も素敵でした。個人的にはジャヴェールのポニーテール姿が好きで、自殺をする場面で一筋の長い髪の毛がほつれるところに、ジャヴェールの苦悩を感じることができて良かったんだけどなあ。オリジナルのレ・ミゼを残したい、とお思いの方!こちらのキャンペーンに賛同をお願いします!


The original production of Les Miserable that is only shown in London is to be retired this year and replaced with the 'reimagined' 25th anniversary version.
I loved the old version of Les Mis since they used the revolving stage so effectively! And the idea of building a barricade with two separated sets which show downtown Paris was marvelous. Personally I loved the old look of Javert who has ponytail because in Javert's suicide scene the long stray hair depicts his losing his confidence in agony. It is a pity that all these great direction will be lost forever.
If you are a fan of original Les Mis, please sign this petition and try to save it!

change.org Save the original London Les Miserables!
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
明けましておめでとうございます 三日目!
2019-01-03 Thu 12:00
我が家のお正月風景。

ippachi01.jpg

ippachi02.jpg

ippachi03.jpg
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| からすのつぶやき ふたたび | NEXT