FC2ブログ
『ポーの一族』展と『王様と私』
2019-07-31 Wed 22:00
『ポーの一族』展とミュージカル『王様と私』のはしご。


ポーの一族

『ポーの一族』展は、萩尾望都さんの原画がたくさん展示されていて嬉しかったです。もちろんホワイトやテープみたいなもので修正しているんですが、どうしてペンでこんなにのびやかな線が引けるんだろう、と見とれてしまいました。ホワイトの使い方で面白かったのは、一本の線を引いてから、ホワイトを塗って点線にする、というもの。

カラー原稿も見ることが出来て良かった。ただ、原色の赤、青、緑を使った色彩は、個人的にはあまり好きではないのですが。カラーイラストについては、必ずと言っていいほど「返却希望」と書かれていて、当時はわざわざ断りを入れないと破棄されてしまったのかなと思いました。


王様と私

『王様と私』は、渡辺謙さんが出ていたので観に行きました。渡辺謙さんは頑張って歌っていたけれど、英語が分かりづらかった。やはり、声量がミュージカル俳優には及ばないかな、とも。内容的に面白かったのは、王様の妻の一人が『アンクル・トムの小屋』を読んでいて、それを基にお芝居を演出するのですが、それがどうしてもシャム風の解釈、表現(歌とか)になっている、というところ。
スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| からすのつぶやき ふたたび |