FC2ブログ
師匠はいなくてもばっちりです!『桂吉朝一門会』in尼崎(長いです)(12月6日)
2009-12-06 Sun 23:43
IMG_0095S.jpg

こんにちは またまたイッパチですぅー。

横浜と大阪 新幹線で二時間と短いもんですが 金銭的にはこれが遠い!
そんな中をやりくりして ともねの旦さんとさっちんはん 
ようよう大阪の吉朝一門会を観に旅立っていきました。
もちろん ぼくも一緒です。
お・お・さ・かと言ったら ぼくです!
(生まれたんは 東京です、、、 さちよ)

IMG_0101S.jpg IMG_0125S.jpg

はあ、、、車窓に物思うぼく。

IMG_0145S.jpg IMG_0162S.jpg



IMG_0180S.jpg

ん? 尼崎ピッコロシアターのある 塚口駅。
古い町並みの残る のんびりした住宅街なんですねえ。

IMG_0181S.jpg IMG_0182S.jpg




IMG_0193S.jpg

IMG_0177S.jpg IMG_0201S.jpg

ピッコロシアター 入るとチョー満員やないですか!
普通の座席だけでは足りずに 折り畳みの椅子まで出して。
こらすごいなあ、、、。

IMG_4728_trimmed_levelS.jpg

桂 佐ん吉:田楽食い

佐ん吉さんの落語は 元気良かったなー。貧乏長屋の仲間が 酒を飲ませてもらいに知り合いんとこに行くのやけど アテの田楽を食べさしてもらうのに 言を担いで「ん(運)」のつく言葉を言うたら食べさそ という趣向の噺。
一番印象的やったんは「きゅうりん?、、、なすびん?、、、とまとん?」
「お前もうまくはずして来よるなあ、、、なんかあるやろ」「かぼちゃん?」
「そやそや それやがな!あるやろ「ん」が二つつく呼び方!」
「、、、、、パンプキン!!」

IMG_4734_trimmed_levelS.jpg

桂 しん吉:雨乞い源平衛(小佐田定雄 作)

小佐田さんって NHKの新人落語大賞の審査員なんかもされてる あのおっちゃんやね。
しん吉さんが優勝を取り逃がした あの新人落語大賞のね!(しーっ さちよ)
村の庄屋さんが 日照り続きの村に雨をと 昔の雨乞い名人の子孫の源平衛に「雨乞いせえ 雨乞いせえ」と詰め寄る噺。噺自体も良く出来てたし しん吉さんも新人大賞のときよりリラックスしてて良かったです。町人のお話が多い上方落語で お百姓の話を書きはったのがおもろい。あと 太郎作と次郎作のぼけーっとした会話が 本筋だけでなしに周りの情景描写につながってて良かったわあ。

IMG_4175_light_croppedS_square.jpg

桂 吉弥:親子茶屋

中盤のトリといったら やっぱりこの人でしょ。吉弥はん!
出て来はった途端に うわあーっ 拍手!拍手!拍手!

親子茶屋は 前半が若旦那の道楽遊びを諌める親旦那と息子のやり取り 後半が そうはいってもかなりの極道の親父さんが廓で年寄りの一人遊びと「狐つり」という顔を隠しての鬼ごっこを芸者衆としてるところへ 粋な遊びをしてるなあと若旦那が子狐として入って さあ ご対面!ちゅ噺です。

まくらでY團冶師匠に触れはって 「まさか親の貯めた金を使って遊興するような息子はおらんやろと思てたら こんな身近にいたはったんですねえ。せやから これは落語は落語ですが ある意味ドキュメンタリーで、、、、」言うてはりましたなあ(^^;)

小言に慣れてしまった生意気な若旦さんと親旦さんのかけあいが めちゃめちゃ可笑しかったです。


IMG_0206S.jpg

<中入り>


IMG_4731_trimmed_levelS.jpg

桂 あさ吉:鹿政談

あさ吉さん、、、初めてやったんやけど 出てきたとたんに なぜか客席がくすくすくすくす。
まあ なんちゅうか見てると ちょっと神経質ちゅうか たどたどしいちゅうか、、、。
けど 普通に喋ってるだけなんですけれどねえ。

「え? この張り詰めた空気は一体なんなんでしょうか?普通に喋ってるだけなんですけど。ちょっと怖いです。」とか言うてはりまして。

、、、て 後から だんだんと分かってきたんですけど この方よね吉さんが後で言うてはったように びみょ?な間ぁの持ち主なんですわ。
なんて言いますか 天然ちゅうのん、、、?

最初は 年季明けのエピソードやご自分の手相をプロの方に見てもろた話『始末(金儲け)の極意』ちゅう落語のハプニング、、、ほで どう続いていくんやろと思てたら 何の脈絡もなく「それでは 奈良のお話を一つ」て!
まくらで うわーっと盛り上がっていった空気が ストーン!落ちましたがな!

いや『鹿政談』はおもろかったですよ!鹿を殺したら極刑に処せられる そんな時代に誤って鹿を殺めてしもた豆腐屋を お奉行も 周りの役人も「これは鹿に良く似た犬である」ちゅうてかばうという、、、お話しも上手やったし。

せやけど なんで手相や金ためる話から ぽーんと奈良の話に飛ぶんや。
吉朝師匠が 「あさ吉はうちの一門の飛び道具や!」言うたんはそういう意味かいな?
(ないないない!! さちよ)

左手の生命力ないて嘘ですよ。長生きしますて、、、もごもごもご
(えーかげんにせぇっちゅうのに! さちよ)

IMG_3127S_square.jpg

桂 よね吉:子別れ

うわーっ 満場の拍手の中「待ってました!」と大向こうを張ったのは さっちんはんではなく 後ろのおっちゃんでした。絶対 声かけたろと思ってたのにぃ と 歯噛みしていたさっちんはんでしたが なんとか「たっぷり!」とだけは 言えたそうです。(けど さっちんはん声小さいからな)

淡々としたあさ吉さんの語り口から 打って変わって メリハリのあるよね吉さんの語り口。
大いに盛り上がります。

まくらで話はったんは あさ吉さんが一門会に出たくない二つの理由。
一つは「トリをとりたくない」。これは100歩譲ってみんな納得したんですが(って 納得しないな!)二つ目の理由 これが「一門会に出ると よね吉がまくらで触るから」やそうです。余計 色々言われて逆効果やったけど、、、(^^;)

あとは 自分は38になるけどまだ独身で 理由は女性が怖いから てな話。
新婚初夜の新婦さん もんのすご念入りにお化粧して(このときの仕草が抱腹絶倒!) ほで旦那さんの寝てるところへ座ると ぷう と おならが出てしまう。もう 何度も何度も 顔を両手で隠しながら「あの、、、あんた、、、?いまの聞いた、、、?今の、、、地震?」「地震??それは 屁の前か後か?」
、、、そんな女性が どうして年振ると違う生き物に進化するんでしょう、、、、
そんなまくらですが よね吉さんの 女性の仕草は絶品ですなあ?。


さて『子別れ』。
腕は立つ大工やけど 飲む打つ買うに稼いだ銭を全部使い込むろくでなしの熊はん。 
おかみさんと息子のかめ吉を追いやって なじみの芸者を請け出すけれども これがとんでもない女で しまいに男作ってどこかへ逐電してしまう。はたと自分の間違いに気づき 心を入れ替え真面目になった熊はんが かめ吉と出逢うて もとのおかみさんや幼いかめ吉の苦労を知る。熊はんもおかみさんも互いにもとの鞘に戻りたいが なかなか気後れしてしまって 足が前へ進まんところへ かめ吉のいじらしいとりなしで目出度く再会、、、と。


涙の中に笑いあり 笑いの中に涙あり このユーモアと切なさがこう巧みに折り重なって ミルフィーユのように微妙な味わいをかもし出しているのですよ。三者三様の心の機微が伝わってくる 渋めのミルフィーユやねんわ。じ?んとくるで。 

かめ吉 えらい!可愛い!いじらしい!



<公演後>



さっちんはん よね吉さんに差し入れを渡すんやと売り場のお姉さんに頼み込みまして楽屋のほうへ、、、。
こういう時のさっちんはんは 頑張りますな。
普段も こないに仕事頑張りはったらええのに、、、。(、、、八ッ 殺気(汗))


よね吉さんに 早めの誕生日プレゼントです と 似顔絵と和菓子を渡してはりましたな。
IMG_0068_trimmed_levelS.jpg

ほたら よね吉さん「あ あなた からすさん!? あなたは打たれ強いねえ?!」て。
さっちんはん よね吉さんとこの掲示板でちょと色々あったそうで 場ぁの空気悪うして迷惑やったら 書き込むのやめよかな思てたんやそうですが よね吉さん自身はあんまり気にしてないようで ほっとした言うてました。

IMG_0221_trimmed_contrastSS.jpg

ぼくもツーショットや。わははーい。
(もぐたん、、、? さちよ)


皆さん忙しそうにしている中 さっちんはんちゃっかり色紙を書いていただいてました。
出演はしてなかったけど 吉の丞さん吉坊さんと一門全員いたんやそうです。
色紙足らんで 吉坊さんのだけは無理やったみたいやったけど 舞台番をしてた吉の丞さんのはゲット!

IMG_4732_trimmed_levelS.jpg
輝き賞をとった吉の丞さんのや!

けど よう見てください。宛名は書いてないですやろ?
あれ 高なったら売るつもりですのやろ?
なあ なあ?
(せえへん せえへん!!! さちよ)



しかし あれでんな。
佐ん吉さんが言うてたように 師匠がおらんでも 一門会 ほんまに充実してましたな。
しん吉はんが 上三人はレギュラーで あとの二人は手の空いたもんがやるいうてましたが いつか全員そろって 一門会開いて欲しいもんですな?。

7人の侍、、、7人の小人、、、ん、、、?

ま ええか。




IMG_0228S.jpg

さてさて ピッコロシアターを後にした ともねの旦さんとさっちんはんの向かった先は 桂雀三郎師匠の歌で有名な 串かつ屋『やぐら』(ぱぱぱぱぱん!)

そこで 二人を待ち受けし運命は、、、、?
<つづく>
スポンサーサイト



別窓 | 落語 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<出会いの店 『やぐら』 (12月6日) | からすのつぶやき ふたたび | 横浜にぎわい座 桂雀三郎withまんぷくブラザーズ(11月7日)>>
コメント
-いつもコメントありがとうございます-
こんばんは
お邪魔いたしまーす

さすがプロ‼
味わい深いよね吉さん像ですね
さっと描かれたようにも
じっくり描かれたようにも
見えます
すごいなー

今年もあっというまで
なんだか子の冬休みも始まってしまって
なかなか身動きとれませんけど
からすさまはじめ
皆さんのよね吉さん拝見レポを眺めて
ほのぼのしていますよ~♪

来年は是非お会いできますように♪♪♪

2009-12-19 Sat 23:45 | URL | おきばりやすです #-[ 内容変更]
-Re: いつもコメントありがとうございます-
おきばりやすさま

こんにちは~。

> 味わい深いよね吉さん像ですね
> さっと描かれたようにも
> じっくり描かれたようにも
> 見えます

見て下さって ありがとうございます。
実際に描いた時間は そんなに掛かってないんですが それまでに何度もラクガキして練習はしてるんですよー。これは 似てないなあ とか このバージョンの眉の辺りは似てるんじゃないかなーとか。

お子様のお世話やら何やらで 色々お忙しい毎日でしょうが 今年も最後の二週間を乗り切って参りましょう。

> 来年は是非お会いできますように♪♪♪

そうですね!お会いできる距離に住んでいるはずなのですから 是非是非!
一番良いのは よね吉さんが関東に来られた際に というのが願わしいですね。
春頃には来られるかしら、,,?

(ぼくも会いたいでっせー!! 一緒に行ってもええですやろ? なあ? イッパチ)
ああ、、、 まあ、、、 ご迷惑にならんようにね、、、、(-_-;)
2009-12-20 Sun 09:47 | URL | からす #-[ 内容変更]
--
いつもお世話になっております。
充実した関西遠征だったようで、こちらまで楽しい気分になりました。
よね吉さんのイラスト、かわいいですね♪ご本人のご感想はいかがでしたか?
あさ吉兄さんは、とても好きなのですがいまだに落語を聞いたことも、実物にお会いしたこともなく…飛び道具にやられてみたいです(笑)

本当に素晴らしい一門ですね(*^_^*)
2009-12-22 Tue 02:10 | URL | ゆっちー #QMnOeBKU[ 内容変更]
-Re: タイトルなし-
長い長いブログ 読んで下さって有り難うございます~。

> よね吉さんのイラスト、かわいいですね♪ご本人のご感想はいかがでしたか?

似てるとも似てないとも 言うてはおられませんでしたが 「や!なんや君イラストレーターなん!?」「うれしいわあ。ありがとう。おおきに!」言うて下さったんで それがお客さんサービスやったとしても嬉しかったです。

> あさ吉兄さんは、とても好きなのですがいまだに落語を聞いたことも、実物にお会いしたこともなく…飛び道具にやられてみたいです(笑)

とても優しい方みたいに見えますね。英語落語をぜひとも聞いてみたいんですが ブログでは出演情報は事後通知が結構あるので 自力で探してみないとだめ、、、でしょうかね。

> 本当に素晴らしい一門ですね(*^_^*)
皆さん個性的で いいですよね!
2009-12-24 Thu 14:24 | URL | からす #-[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| からすのつぶやき ふたたび |