FC2ブログ
お仕事のこと
2007-10-14 Sun 17:25
くたびれたー。
今日は どうもやる気が出ません。
思わず 『風の谷のナウシカ』の
オーディオコメンタリー(庵野秀明さんと片山一良さんによる)を聞いていて 
ちら見ですませようと思っていた映像の方も
結構しっかり見ちゃって よけい仕事が進んでないという始末。

最近 ふたたび 某テレビ局さんのお仕事をしているんですが
今日で 作画インしてから ちょうど4週間経ちました。
あと5週間くらいで映像を仕上げる予定なんですが
やはり 半ばを過ぎると ずいぶんきついなー。
腰が痛い 肩が上がりづらい 心がくたくた やる気が出ません。

森康二さんが アニメーターのことを 『もぐら』と
あえて呼んでいますけど 
いや まったく まさにその通りで
部屋に閉じこもって 絵ばかり描いているから
夕食の買い物のときが 唯一 お天道さんを拝めるという、、、
いや 拝めないのか。お天道さん 沈んじゃってます。

たまに 郵便を出しにいく用事なんかで 外に出ると 
なんだか 秋の日差しや さわやかな風が とても新鮮で
確実に秋の装いになった 町の人たちを見ると
「ああ 人生ってああいうものなんだ。」とか
「この世界は 生きているのだ。 息づいているのだ。」とか
感動しちゃう訳ですね。

当たり前のものが 当たり前以上の存在に見える という意味で
このお仕事は 健全だと思います。とても。

あ でも コンテ描いているときとか 
動画を描くために 取材に行くなんて時は
ものすごく緊張もするけれど 楽しいですね。

9月末に 食べ物関係の職人さんに 作っているところを見せてもらいに行きました。
そういった 職人さんで 作っているところを見せてくださる方は そうは多くないのです。
忙しいので 中に入ってもらいたくないなあ なんてことも言われたりして困っていたところ
たまたま 友人から教えてもらったお店では ガラス越しに作ってるところが見られるとか。

人との交渉は どうも苦手です。
電話って 突然相手の生活に割り込むみたいでやっぱり苦手です。
(自分が受けるときは そうでもないんですが) 
なので お願いする日を のばしのばしにしてはいたのですが
コンテも決まり 作画に入る日も近づいて これ以上遅らすわけにもいかず
ドキドキしながら 取材許可の電話をしますと
「うちのメリットは何なんですか?」などと聞かれて 
もう 天敵に見入られた小動物みたいな気分になったりして。

事情を正直に話し 私個人でやれることは
ご協力いただいた旨を HPに載せることくらいですと説明すると
案外あっさりとオーケーを頂けて ほっとしたんですが。

実際の取材では 一時間ものあいだ いろんな角度からの撮影に応じて頂いたり
調理用器具の説明から何から 丁寧に教えてくださって
帰りに手みやげまで持たせて頂くという なんとも丁寧な対応ぶりに
頭をいくら下げても 追いつかないくらいだったのです。

こんなときは 映像制作をネタに 面白い体験ができて 楽しかったりします。
あんまり 嬉しかったので この日は 井の頭公園でスワンに乗ってみました。


さて 来週は また 別の交渉が入りますが こちらも緊張。
この映像に関連したお仕事ではあるのですが
放送局とは全く別の会社のプロデューサーが 
イラストの打ち合わせにくるので ドキドキしています。
なんせ イラストの締め切りに日にちがないとのこと、、、、。

とにかく 出来上がる瞬間まで 淡々と作業を進めることなんだろうなあ。
たんたんと。
タンタンと作業を進めると 大冒険ができそうですが
とりあえず 今は 来週の打ち合わせのために
仕事場の掃除をすることにします。
スポンサーサイト



別窓 | アニメーション | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ぱらぱらマンガ喫茶展 いよいよ! | からすのつぶやき ふたたび | キンモクセイの抱擁>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| からすのつぶやき ふたたび |