FC2ブログ
乗り鉄しん吉落語会 vol.4 (7月28日)
2010-07-28 Wed 23:00
最近 大怪獣レモネードのことばかり日記に書いていますが もちろんわたくしの生活はそれだけではありませんで、、、作品制作やお仕事もぼちぼちやったりしているんですよ。

さて 7月28日 RedPepperの乗り鉄しん吉落語会vol.4に行って参りました!
IMG_0083S.jpg IMG_0038S_20100812180702.jpg
IMG_0037S.jpg IMG_0044S_20100812180701.jpg



落語のない生活はやはり退屈で退屈で、、、。

しん吉さんは 桂よね吉さんの弟弟子。

かけはった演目は
<遊山船>
<乗り鉄トーク>
<深山隠れ>
の三本でした。
(って<乗り鉄トーク>は演目じゃないか、、、(^_^;))

<遊山船>
最初はちょっと固いな?というか 喜六と清八の会話が威勢が良すぎて 真ん前の席で見ていた私には ちょっと五月蝿いくらいだったのですが 見ているうちにだんだん自然になっていきました。

しん吉さんは細かい表情やしぐさを良く拾っている方やなあ、、、というのは 客が卵焼きをなかなか食べないでショウガばっかり食べてるのを見ている喜六のいらいらした羨ましそうな様子が良く出てたりして 間近で見ていて楽しいんですね。

客が芸者の胸に手を突っ込んでいる箇所や 「川へ落ちても流れんように」なんてシャレたセリフおならでいうたるわと喜六のかみさんが言う箇所はしつこくやらずに 上品に納めていたな という感じです。

<乗り鉄トーク>
しん吉さんの場合 これがまくらにあたるのでしょうか?それともただ喋りたいだけなのでしょうか?まあ そのへんはいいとして、、、えー 詳しい内容は忘れました。だって 鉄じゃないんだもん、、、。「200系300系400系、、、」なんて数えられても 乗り鉄の皿屋敷かと思うくらいで、、、。

今回の旅は 青春18切符を使って東京へ来たので その辺りの話や ユースを使うことが多いんですがみたいな話やったと思います。

ああ 思い出した ユースを使うことが多いのですが ユースに集まる人種のうち 大体三種類いて それが自転車乗りの人たち バイクで回ってる人たち そして鉄の人たち。自転車乗りとバイク乗りは どこどこのお弁当はおいしいとか どこどこの坂では天気が変わりやすいとか 情報交換が出来て また 翌日も同じ方向へ出かけて抜きつ抜かれつしながら同じホステルで出会ったり というほんわかした 友情のようなものが芽生えるのですが 鉄だけはその輪には入れず ひたすら時刻表とにらめっこである ってな話をしてましたねー。

<中入り>

RedPepperはご主人の趣味と実益のみで成り立っているようなバーに見えました。
落語好き、ライブ好き、そして鉄っちゃん。
IMG_0042S.jpg IMG_0032S.jpg
人間国宝の手ぬぐいでっせ! それと 吉朝一門のサイン入り手ぬぐい!
IMG_0033S.jpg IMG_0040S.jpg
壁はこんなん。

<深山隠れ(みやまがくれ)>
なかなか演じられることのない 珍しいお話だそうで、、、。

あるところに御難(興行が上手く行かず 仲間がばらばらになった)にあった噺家がいて それがふらふらになってたどり着いた天草の海の側の村にいついてしまう。あるとき 年に一度の町への買い出しに20人ほどの若いものが噺家だった男を案内として山越えをして出かけていくも帰って来ない。

いぶかしく思った村人たちが 何度も捜索隊を派遣するがそのたんびに帰って来ないので 村には男手がいなくなってしまって 残るは庄屋の息子二人のみ。その兄も戻らなかった道を 弟が大小を帯刀して向かってみると
美しい女性、、、しかしその様子はどうも狐狸妖怪のようにも見える。

そこで 武士の修行もしたことがあるというこの弟 娘をかっさばき その手下の山賊たちの首をとんとんとんとんとーんと落として さらに出口のない釣り天井の部屋でも山賊どもの残党を殺してつきつめたところ この家の親方が1000人の血を神様に供えて大願成就となる ということで 村人たちを殺害していたと知る。

そのお頭と呼ばれているのは なんと 90から100に手が届こうという老婆で 夫が天下に恨みを持ったまま死んだ森(もり)宗意軒(そぉいけん)。芝居やったら格好よく決まるのですが 落語ではふらふらのふにゃふにゃの婆で 逃げる逃げる。それを捕まえて 近くの川へざぶざぶーっとつける。「お前も侍なら なぜこの婆を殺さぬ」「宝物のありかを白状せい」「なぜにこの年寄りをえらい目にあわすのんじゃい」「婆は川で洗濯じゃ」(桃太郎のパロディ)


えー 最初の噺家さんは途中までで主人公役を降ろされてしまうのかい?とか いくら庄屋さんの家が名字帯刀を許されていて 修行したといっても 谷を天狗性飛び切りの術で飛べるとか こうは強くなれへんやろ というつっこみはなしにして 現代的なくすぐりもあり なかなか面白いお話でした。しん吉さんも こちらの方がリラックスしていたみたい。

声質が近いのかなあ、、、ふとした拍子に しん吉さんの声が吉朝さんに聞こえてくるのが不思議でした。

遊山船はしん吉さんが吉朝さんに入門しようと心に決めた演目である とういことでしたが はたして吉朝さんの遊山船を知っている方にはどう聞こえていたのでしょう?

深山隠れ詳細はこちらのHPへ
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug196.htm

<Nゲージテーブルとしん吉さんへのご挨拶>
RedPepperでの催しはここからが本番!?なのかもしれません。

マスターが「しん吉君 今日はここに泊まっていくんで 彼と飲みたい人はどうぞ!」と言ってくださったり 壁の一部をかぱあっと倒すと そこにはなんとNゲージの街並みが広がったり。そこへ わらわら?とA5ほどのサイズのプラスチックケースをかかえて集まってきたのは主に年配のお客さんで ケースの中にはぎっしり可愛らしい電車がひしめいている始末。

IMG_0058S.jpg IMG_0057_trimmedS.jpg
ちゃあんとしん吉さん初め出演者ののぼりが立ってるの 見えますか?
IMG_0051S.jpg

IMG_0073S.jpg IMG_0076S.jpg

しん吉さんへ差し入れならこれだろう!と わざわざ東京駅のまめぐい屋へ行って買ってきた山手線、東海道線、そして東京駅手ぬぐいに包んだお菓子を渡したら 「ああ まめぐいですね」って知ってはった?。がっかりしたものの 鉄仲間ではすでに有名なんだそうで。

IMG_0072S.jpg

しん吉さんの手ぬぐいも壁に。七人兄弟の真ん中が自分 ということで 中心に自分の名前とお嫁さんの名前が。
マスターが「別れたらどうするんだろうね」なんてシビアなことを。結婚一年目の人にそれはないよなあ。
IMG_0079S.jpg shinkichi_seiko.jpg

後から送っていただいたしん吉さんの手ぬぐい(結婚前バージョン)。
こちらは鉄道線路の先っぽが「し」と「ん」(と「吉」)になってるんですね。
IMG_0040_levelS.jpg IMG_0038S_20100814194326.jpg

スポンサーサイト



別窓 | 落語 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大怪獣レモネード in 横浜2 | からすのつぶやき ふたたび | 大怪獣レモネード in 横浜>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| からすのつぶやき ふたたび |