FC2ブログ
時には アニメーションについて
2008-06-19 Thu 18:29
アニメーションって まだまだ研究途上の分野らしいです。

自分は アニメーションを作る人なのですが
アニメーションに関する論文は 全くと言って良いほど読んだ事はありませんし
世の中で 映画批評ならぬ アニメーション批評が 
どれほど頻繁に そしてどれほど詳しく 行われているのか
知らないわけなのですけれど 知り合いのアニメーション研究者の方の話だと
「アニメーション研究・アニメーション批評だけでは
きちんとした世界が出来上がっていない」とのことです。

うすうす 研究らしい研究ってあまりされていなさそうだとか
映画の中の一分野として見られて 独立できてないのでは?
とか 思っていたのですが 当たらずしも遠からずなのかも。
作られているアニメーションの量に比べて 
かかれている論文の量ってどうなのかしら?

日本だと マンガの動画バージョンであるアニメ という認識も
根強いから アニメーションというものも 自然とそちらに引っ張られてしまうし。

BSマンガ夜話とBSアニメ夜話の関係って 典型的ですよね。

静止画である絵画というものが 芸術として扱われているならば
アニメーションは 絵画に時間軸を与え その変化を扱う表現形態として 
もっともっと みんな注目してもいいのではないの?
もっともっと 可能性があっていいのではないの?

動く絵画としての アニメーション。
リアルなものの模倣という意味合いのみならず
その画風 デザインと一体となった動きの可能性。
時間・空間の感覚を 伸ばし縮め ゆがめる事でのみ
伝えうるメッセージ。

というのが その知り合いの方が所属している animationsという
グループの主旨なのではないかなあと 今更ながら ようやくながら
感覚として ぼつぼつ分かりかけてきたのです。
(間違ってたらごめんなさい。そして 本当に今更でごめんなさい。
頭で理解しているのと 感覚的に分かるのとは違うのです。)

ええと BSアニメ夜話ではなくて 日曜美術館で扱いなさいよ
という話なのではないかと思うのです。
そして その評価される基準というものが
まだ未発達なのです。アニメーションは。

表現としての可能性はそこそこでも 人力をものすごく投入してあると
評価されてしまったり 商業的な規模で回っていくものでなければ
人の目にすら触れなかったり。アニメーションに与えられる賞でも
偏っている場合があるかもしれません。
ASIFA主催のは大丈夫かな。大丈夫だと思うけれど。

2000年代に入り チェコやロシアのアニメーションブームが到来してからは
ファッションとしてのアニメーションという意味で
上映会も増え DVDの販売のチャンスも出てきて
以前よりは個人作家による映像を見られるようになったわけだけど
まだまだなのだろうなあ。

かく言う自分も 「アニメ」とかディズニーのカートゥーンの世界に
どっぷり浸かってて その範疇の中で 自分の空想の世界が 
現実に出現したかのように感じたい そのために映像を作りたい
マンガを描きたい と 思ってきたわけですが
最近 ちょろっとだけ興味の方向性が変わってきたような気がします。
というよりも 少し変えたいなと 思っているという事です。

『雨の日は、何色?』と『しあわせだいふく』を作ってから
---特に 『しあわせだいふく』で感じた事なのですが---
制作日数に限りがある中で 物語を語るために 
キャラクターに必要最低限の動きしか与えられなかったことが
ひっかかっていて 今度は 「動き」にこそ
意味を感じられる作品を作りたい と 思い始めました。
記号ではない動きをもっと模索したいなあと。

こう動けば こういう意味になる という
お定まりの動きだけでは ちょっともの足らなくなってきたのです。
イッセー尾形さんの人物スケッチのような 
一つ一つの仕草が その人となりを語り 存在を身近なものに感じられる
動きって作れないだろうか なとど考えたりしています。
考えているだけですが。

それでも 自分はやはり「演技」というものに興味があり
キャラクターアニメーションからは どうしても離れられないし
どうしたって 人物に感情移入して映像を見たくなってしまう。
アートとしての表現の可能性を純粋に突き詰めていけるのかどうか
分からない。

制作者側も頑張らないと と 言っても
自分の好みの部分から そう遠く離れて作っていくわけにもいかないし。
なんとも。

けれど 今の世の中にあるアートと呼ばれるものは何にせよ
キャラクター主導に陥りがちだったり 売れているものには
傾向があるようで それは アニメーションだけじゃないみたい。
どうしたってみんな 楽しみたいわけで。

デジタルスタジアムは アートアニメーションの若手を評価する番組ですが
アニメーション全般について その見方や 作品を紹介する番組では
ないですね。日曜美術館のように アニメーションの見方を解説し
代表的な作品を紹介する番組。
NHKは単発では その方面の作品を紹介しているのだけど
恒常的なシリーズとしては ないんだなあ。これが。

全て NHKの番組として例えてしまったけれど 
要はそんなことではないかと思うのです。

マンガは 日本だけでも 十分面白いものが出ていて
アニメーションに比べたら きっとずっと
研究も盛んになっているのでしょう。
多くの人が読んでいるし アニメーションに比べたら
生産日数やコストとのバランスもまあまあとれているし。

けど アニメーションは金食い虫 時間食い虫だからなあ、、、。
エコとかなんだとか叫ばれている時代に
紙は使う 電力は使うだろう?
個人でアニメーションやっている人間は
生き残っていけるのかい なんてことも 気になってしまう。
むむう。


いやあ ずいぶん 当たり前の事を 書いてしまいました。

当たり前のことに気づくのって 案外 大切だったりするのですけれど。
スポンサーサイト



別窓 | アニメーション | コメント:0 | トラックバック:0 |
<< [お知らせ] 広島フェスとJamming Animaで作品が上映されます | からすのつぶやき ふたたび | ほぼ日 あなたもフォト絵。に載ったよ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| からすのつぶやき ふたたび |