FC2ブログ
日光に行きました
2019-10-20 Sun 22:00
戦場ヶ原~。
戦場が原

華厳の滝~。
華厳の滝

餃子コロッケ…は食べてまへん!
餃子コロッケ

東照宮〜。(入場時間ぎりっぎりに入ることができました)
東照宮
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『あしたのんき エンジョ~イ ドローイング』展
2019-10-17 Thu 22:00
『あしたのんき エンジョ~イ ドローイング』展を見てきました。
72605661_2431685376868835_9047428284962308096_o.jpg

72850649_2431685260202180_1466366349558153216_o.jpg 74235541_2431685566868816_5333354615666638848_o.jpg


コーヒー&ギャラリー ゑいじうで開催中の「あしたのんき エンジョ〜イ ドローイング展」を見に行く。アニメーション作家、あしたのんきさんの初の個展で、これまでのアニメーション、イラスト、パラパラマンガ、モビール作品など、どれも軽妙で可愛らしく、ちょっとシニカル、そして彼女の自由でユーモラスな連想力を感じさせる作品群でした。

パラパラマンガが多数ありましたが、限られた絵の枚数の中に、どれにも一つのストーリーが存在する。少ない枚数で、多くの事を語ることができる人なのだなあ、と、改めて感心してしまう。

映像は十作品ほど。肩こり解消のために、肩だけ剥ぎ取って揉んで丸めて蒸して、また体に戻す、というとんでも作品「relax」や、六つの別々のアニメーションがお互いに作用しあう「6 piece」などが良かった。特に「6 piece」はアニメーションひとつひとつに対応する音楽がついていて、そのハーモニーも楽しいのです。
73395300_2431686576868715_9133465344713687040_o.jpg

73425121_2431686363535403_5453572485448466432_o.jpg


他にも、パンダの絵が描かれた、電動式ゾートロープや、英字新聞の挿絵、パノラマボックス、入り口入ってすぐの壁に貼られていた、人間がお出かけしている時、ペットのカメは何をしているか、というマンガなど、楽しい見どころあり。一番最新作、(10月13日に描いた!)ラグビーの絵も。

73183689_2431685790202127_2849810912288702464_o.jpg 73115999_2431686153535424_2898125446078005248_o.jpg
72891077_2431688120201894_7793869245569302528_o.jpg
72592383_2431685933535446_2212844151072882688_o.jpg 72353753_2431687800201926_8701095784503836672_o.jpg

72481985_2431686783535361_7827160653772095488_o.jpg

おしむらくは、もっと沢山見たかったというところ。あと、ゑいじうさんで出してくれる、アボカドレモンが美味しかったです。展示は10/19まで。

73475216_2431688396868533_1911639975800078336_o.jpg
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『ラ・マンチャの男』観てきました
2019-10-09 Wed 22:00
ラマンチャ1

「ラ・マンチャの男」を観てきました。主演の松本白鸚は77歳にしてこれ程、と思うくらい声量があって、聴かせる歌声でした。セットの使い方も上手く、着替えるドン・キホーテを隠していた白い幕が、そのまま彼の死の床の上掛けになるという見せ方も良かった。

それから、松本白鸚演じるドン・キホーテの喋り方が印象的でした。勢いに任せて長いこと喋ったと思いきや、変なところで息継ぎをするのですが、セルバンテス役の時には、普通の喋り方だった事を考えると、気持ちだけが先走るドン・キホーテの表現だったのかと。

ラマンチャ2

ラマンチャ3
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
マクワウリ
2019-08-30 Fri 22:00
マクワウリの続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『ポーの一族』展と『王様と私』
2019-07-31 Wed 22:00
『ポーの一族』展とミュージカル『王様と私』のはしご。


ポーの一族

『ポーの一族』展は、萩尾望都さんの原画がたくさん展示されていて嬉しかったです。もちろんホワイトやテープみたいなもので修正しているんですが、どうしてペンでこんなにのびやかな線が引けるんだろう、と見とれてしまいました。ホワイトの使い方で面白かったのは、一本の線を引いてから、ホワイトを塗って点線にする、というもの。

カラー原稿も見ることが出来て良かった。ただ、原色の赤、青、緑を使った色彩は、個人的にはあまり好きではないのですが。カラーイラストについては、必ずと言っていいほど「返却希望」と書かれていて、当時はわざわざ断りを入れないと破棄されてしまったのかなと思いました。


王様と私

『王様と私』は、渡辺謙さんが出ていたので観に行きました。渡辺謙さんは頑張って歌っていたけれど、英語が分かりづらかった。やはり、声量がミュージカル俳優には及ばないかな、とも。内容的に面白かったのは、王様の妻の一人が『アンクル・トムの小屋』を読んでいて、それを基にお芝居を演出するのですが、それがどうしてもシャム風の解釈、表現(歌とか)になっている、というところ。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | からすのつぶやき ふたたび | NEXT