もうじき発売!『マンガで探検!アニメーションのひみつ1 ソーマトロープをつくろう』
2017-05-16 Tue 13:57
さて、「マンガで探検!アニメーションのひみつ1 ソーマトロープをつくろう」の
発売が近づいてまいりました。

視覚の原理から実際に視覚玩具を作って遊ぶところまで、
分かりやすく丁寧に構成されています。
この本のターゲットは小学校中学年以上、でしょうか。
それとも低学年も入るかもしれませんね。
子供と親御さんが一緒になって読み、作ることを念頭に置いています。

私が関わらせていただいたのは、ソーマトロープの作成例(見本)と
作り方・遊び方の解説部分。
ほんの少しですが、楽しんで描かせていただきました。

是非とも視覚の不思議を味わい尽くしてください!
発売は5月23日です!

児童書 『マンガで探検!アニメーションのひみつ1 ソーマトロープをつくろう』
監修/大塚康生、編著/叶精二、漫画/田川聡一
画/わたなべさちよ、和田敏克、小田部羊一、大塚康生
5月23日発行、全国書店で予約受付中。 大月書店新刊案内を参照下さい。

アマゾンでの販売はこちら

おや、第2巻の「フェナキスティスコープをつくろう」の発売日もアマゾンに載っていますね。
6月21日だそうです。


61411アニメーションのひみつ1
アニメーションのひみつ
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『マンガで探検!アニメーションのひみつ1 ソーマトロープをつくろう』
2017-04-07 Fri 17:52
児童書『マンガで探検!アニメーションのひみつ1 ソーマトロープをつくろう』
というお仕事に関わらせていただきました。
この本は、アニメーションの原理や仕組み、歴史を
マンガで子供たちに分かりやすく解説し、
視覚玩具を実際に作って楽しみながら学んでもらおうというものです。

映像研究者の叶精二さんが全体の構成、文章を担当し、
マンガは田川聡一さん、そしてなんと、監修に「ルパン三世」の大塚康生さん、
視覚玩具の見本には「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」の
小田部羊一さんというそうそうたる顔ぶれも!

私はこの中の視覚玩具の工作の部分で、「作り方・遊び方」の解説イラストと
見本のデザインを担当しました。描いている間は大変楽しく、自由にのびのびと
描かせていただきました。

この本は三巻まで随時出版されます。

叶精二さんのツイッターを読むとよく分かるのですが、20社以上の出版社と交渉、
何度も営業的に難しいなどの判断で中断、頓挫しつつも
15年の歳月をかけてようやく完成した執念のたまものです。

「アニメーションがなぜ動いて見えるのか」については、
実はまだまだ分かっていないことが多く、叶さんは
さまざまな本に目を通し、日本アニメーション学会でも
研究者の方々と交流しつつ自分なりにまとめようとなさってました。
今までは、そこまで真剣に原理の中枢を見極めようという
姿勢の書籍はなかったのではないでしょうか。

普段のお仕事に加え、学校での授業、アニメーション関連の寄稿など
半端なく多忙な日々の中で、この本は生まれました。
そんな本の産婆さんとまではいかなくても、お湯を沸かしたくらいの
お手伝いが出来たのではないかと思い、とても光栄なことだと思います。

是非、お手に取って見ていただければと思います。

児童書 『マンガで探検!アニメーションのひみつ1 ソーマトロープをつくろう』
監修/大塚康生、編著/叶精二、漫画/田川聡一
画/わたなべさちよ、和田敏克、小田部羊一、大塚康生
5月23日発行、全国書店で予約受付中。 大月書店新刊案内を参照下さい。

アニメーションのひみつ
クリックすると拡大されます。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コミティア119 参加します 東6ホール「て18a」
2017-02-04 Sat 17:57
以前の日記から随分間が空いてしまいましたが、生きております。まだ。

さてこのたび、2月12日(日)開催のコミティア119に参加します。
今回は他のサークルの方に便乗させてもらって、マンガの本を販売します。
サークル名はTKOTRX、大庭賢哉さんのサークルで、
友人のヒデロさんのサークル、TV4Dとの合同参加です。

場所は東6ホールの「て18a」。(TV4Dは「て18b」)

物販は、今のところ大庭さんが、パラパラまんが「オベントウ」と
絵本「トマとエマのとどけもの」ともう一点くらい何かあるかも知れません。
わたくし、わたなべさちよの方は、パラパラまんが「ニョキニョキ」と
マンガ「風に聞いたおはなし」を販売します。
「風に聞いたおはなし」はもともとワイヤレスというイベント用に
描いていたマンガをまとめなおしたもので、
読んでいる人がほとんどいないため、ほぼ新作といっていいかと思います。

しかし、本作りというのは大変ですね。
今回は昔のマンガ三作品をまとめたのですが、表紙は背幅の分を計算して
3ミリの裁ち落しも考えて描かなきゃいけいないし、原稿も3ミリ分の裁ち落しや
ノンブルの振り方などを考えて作っていく、
セリフなども含め色々なチェックもしなきゃいけない。
慣れている方ならなんともない作業も、初めての私にはなかなかしんどかったです。

さあ、あと一週間となってまいりました。

お時間と興味のある方はぜひおいでください。

お待ちしています。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
江戸東京博物館の大妖怪展に行ってきました
2016-08-29 Mon 21:54
8月25日、江戸東京博物館の大妖怪展、常設展示、
伊藤晴雨幽霊画展をはしごして見てきました。
朝早くから行ったので、大妖怪展は混雑することなく見られました。
大妖怪展、個人的には、北斎が描いた狐狸が坊主の格好をしている絵(タイトル忘れました)と
河鍋暁斎の「明鏡倭魂新版」が好きでした。僧侶姿の狐は袈裟が風になびいている様が
哀愁を感じさせますし、狸の僧は何やら思案しているのですが、バックに茶釜があるのが
ユーモラスです。「明鏡倭魂新版」は鏡でビカビカっと光を放ち妖怪を退散させる、という
絵なのですが、その妖怪の中には西洋のものもいて、当時の風刺雑誌
「ジャパン パンチ」の妖怪、パンチの守がいたり、七面鳥が洋服を着たようなのもいて、
明治の時代を感じさせます。
20131214_896202[1]20131214_896239[1]

20140106105044_original[1]
絵はクリックすると拡大されるものがあります。


図録を買わなかったので名前が分からないものだらけなのですが、
オリジナルの「百鬼夜行絵巻」(伝土佐光信)という貴重なものも展示してあったり、
六道絵というのかな、赤い地に円弧を描くように人が生を受けてから死ぬまでを描き、
その真下には仏様と救われた人々が集い、それ以外の部分には地獄で責め苦を
受けている人々の絵、というのもありました。
highlight_works01.jpg
「百鬼夜行絵巻」


また病気を起こす妖怪の図鑑もあって、「姫国山海録(きこくせんがいろく)」には
ミジンコみたいな妖怪が、また「針聞書(はりききがき)」などという図鑑もあり、
妖怪が可愛らしく描かれていました。
highlight_works11.jpg
「姫国山海録」
highlight_works12.jpg
茨木元行「針聞書」

国芳の三枚つづりの絵で、骸骨で有名な「相馬の古内裏に将門の姫君滝夜叉妖術を以て
味方を集むる大宅太郎光国(おおやのたろうみつくに)妖怪を試さんと爰ここに来り竟
ついに是を亡ぼす」、
義経の船が大荒れの海の上で平家の亡霊に苛まれる「大物浦平家の亡霊」の絵、
大きな魚の絵で銀色の烏天狗が何羽も羽ばたいているというものなども面白かったです。
260713-720x340[1]

12[1]


ある絵には閻魔様と同じような格好をした人たちが閻魔様と並んでデスクを構えている、という
ものもあって、これは皆地獄行き極楽行きを決める同僚なのか、中間管理職みたいなもん
なのかななどとくだらぬことを想像してしまいました。

それから肝の据わった男の子を脅かそうと毎晩妖怪達が代わる代わる男の子の枕元に
やってくるのですが、全く驚かないという絵巻物「稲生物怪録絵巻(いのうもののけろくえまき)」も
良かったです。素朴なタッチで描かれていてこのまま絵本にできるのではないかという感じでした。
highlight_works07.jpg




さて、常設展示は江戸から東京まで、主に江戸の風俗を詳細にみられるという場所でした。
5階と6階が展示スペースなのですが、まず初めに大きな橋を渡って、江戸の世界へと
誘われます。そして江戸のミニチュアがいくつかあって小さな人形が所狭しと配置され、
江戸の町の生き生きとした町の様子を伝えていました。双眼鏡が置いてあって、
遠くの小さい人物が何をしているのかのぞけるようになってました。

個人的には二八そば屋の屋台を見たいと思っていたので、その模型もあり、収穫がありました。
なんでそば屋の屋台を見たかったかというと、落語に「かぜうどん」という噺があり、
うどん屋がうどんを作るしぐさがあるので、どこにどんぶりがあってどこでうどん
(そばでも同じだろうと想像)を茹でて、どこに七味を入れてあるのかなど知りたいと
思っていたからです。

また長屋の中を見られたことも収穫でした。

こちらのほうが「大妖怪展」よりも時間をかけて見ましたよ。



「伊藤晴雨幽霊画展」はこの方の描く女性が清楚で可愛らしく美しいので、
幽霊画ということを忘れそうになりました。確かに黒猫が棺桶の上に乗っかっていて
棺桶の蓋が開きかけて、中の亡霊が今にも飛び出してきそうに棺桶のふちに手をかけて
こちらを覗いているなんて怖いのもありましたが。
b05503_main.jpg
b05503_ph06-172x680.jpgb05503_ph07-171x680.jpg



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『喧噪の街、静かな海』にイラストが映ります
2016-07-13 Wed 00:27
7月18日(月曜・祝日)の総合 夜10時の特集ドラマ『喧噪の街、静かな海』で私の絵が放映されます。
と言ってもちょこっとだと思います。
主人公の恋人がイラストレーターらしく、その作業場かPC上に絵が映っているというものです。
私のHPにアップされている絵なので、新作ではありませんが、お時間があれば見てくださるとウレシ~。

ディーン・フジオカさん主演「喧騒の街、静かな海」放送日時決定!
http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/8000/241184.html


喧噪の街、静かな海
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/tag/index.html?i=04816


ディーン・フジオカ主演 “父と子は人生を生き直せるのか?”
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/trailer.html?i=06736
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | からすのつぶやき ふたたび | NEXT